P活(=パパ活)がうまくいってパパと実際に逢うことになったときに

『どういう服装でいったらいいの?』
『どんな会話をしたらいいんだろう。』
『本当にお小遣いはくれるのだろうか。』

そんな不安が頭をよぎりますね。

今回はそんなパパ活女子が気になる、顔合わせに向けた準備について解説していきます。

 

どういう服装でいったらいい?

パパと初めて逢う時の服装は毎回悩まされるものです。

2回目以降はパパにあわせて服を選べばいいのですが、

初回の顔合わせとなるとビシッとパンツで決めていくのか、

スカートをひらひらさせていった方がいいのか決めかねます。

 
そこで、事前にパパからどんな服装で来るのか、どんなお店に行く予定なのかをリサーチしておくようにしましょう。

 
パパがスーツでビシッと決めてくるならそれにあわせた方がいいですし、

高級料理店に行くのにカジュアルな服を着ていくとちょっと浮いてしまいますね。

 
逆に大衆居酒屋、気軽に飲めるバーにいくときはカジュアルな服装がいいと思います。

どちらにせよ、相手に合わせる、お店にあわせることを優先しましょう。

 
また、男性はたいてい生脚が好きなのでどちらがいいか悩んだときは、下品にならない程度に露出を高めておけばOKです。

パパ活いろは

 

どんな会話をしたらいいんだろう。

次に気になるのはパパとの会話の内容です。

パパとは年が離れていることも多いので話題をあわせるのが大変かもしれません。

 
【パパとの会話のコツ】
・知らないことは「知らない」という。
・タメぐちには絶対にならない「敬語を使う」
・自分の個人情報はなるべく言わないようにする。
・基本的に聞き手にまわる。

この4点を抑えておけばおおよそ問題ありません。

年上に対する礼儀と、自分のことを話し過ぎないことがポイントです。

トラブルになったりめんどくさい別れ方をした時にあれこれ詮索されないようにリスクヘッジをしておきましょう。

 
若い子と逢うパパの気持ちとしては”キャバクラ”で若い子とお話するのと同じような感覚です。

キャバクラと違うところは、自分だけ独占できる点、お店にお金を払う必要がない点、時間の制限がない点です。

 
そしてパパは総じて独占欲が強い方が多いので、彼氏がいたり、他にパパがいることは秘密にしておくことをオススメします。

※ただし色恋に走りそうなパパの場合は彼氏はいることにしておいた方がいい場合もあります。

パパ活いろは

 

本当にお小遣いはくれるのだろうか。

お小遣いをくれるかどうかは一番大事な部分です。

逢う約束をするときにある程度のことは事前にキチンと決めておきましょう。

 
【逢う前に決めておきたいこと】
・顔合わせでいくらくれるのか。
・その際に食事をするなら奢りか割り勘か。
・OKだったら定期でいくらか。
・身体の関係はありかなしか。
・何時に解散するか。

逢いに行くのにも交通費が掛かりますので、少なくともその分は回収しておきましょう。

 
また、パパに「いくらほしいの??」って言われたときの対象法の一例として

「お気持ちにお任せします。」

と答える方法があります。

 
これは、パパの予算感がわからず「いくら」とは言いにくい時に使えます。

こうすることによってパパの方から条件を提示してくれます。

 
それでも「いくら足りないの?」と聞いてくる場合は、今後のお付き合いを踏まえて少し多めの金額を提示した方が無難です。

後から値上げというのは相当な理由がない限りなかなか難しいので、提示できるなら初めに多めに言っておいた方がいいのです。

 
いずれの場合も、自分が求める条件以下だったら無理に逢わずに「検討してみていいですか?」と言ってフェードアウトしましょう。

 
そうすれば、お金がどうしても必要な時にやり取りを再開することもできます。

パパ活いろは

 

まとめ

今回はパパ活初心者に向けた、パパと逢うときのポイントをいくつかご紹介しました。

このテクニックを活かして安全に確実なパパ活ライフを送ってくださいね。