P活(=パパ活)をしていると使っている出会い系サイトで垢BANになることがあります。

今回はそんな時に復活する方法と、復活ができない時の再登録の手順をご紹介します。

 

アカウントを復活させる方法

まず、利用停止になった場合はの対処法です。

利用停止には「一時停止」で利用が出来なくなる場合と「強制退会」でログインができなくなる場合の2パターンがあります。

 
「一時停止」の場合は数日待てば復活することもあり、
メールや電話でお問合せをして謝罪をすれば即日再開することも可能です。

「強制退会」の場合は復活の見込みはあまりありませんので再登録をするしかありません。

 

再登録する手順

次に「再登録」の手順について紹介したいと思います。

出会い系サイトは登録時に電話番号認証がありますので、電話番号を1つ用意する必要があります。

 
【登録に電話番号が必要なサイト】
・ワクワクメール
・ハッピーメール
・イククル

別の電話番号を用意することが出来ない場合は上記のサイトでの再登録を諦めるしかありませんが、

メールアドレスで登録できるサイトもありますので、そちらのサイトはメールアドレスが用意できれば再登録できます。

 
【メールアドレスで登録できるサイト】
・YYC
・PCMAX
・Jメール

上記3サイトはサイト名で検索をして登録をするとメールアドレスで登録することが出来ます。

※アフィリエイトサイトから登録をしようとすると電話番号を求められますので、必ず検索をして公式サイトのTOPページから登録をしましょう。

パパ活検索

 

再登録後に年齢認証をする方法

再登録をすることができても「年齢認証」をしなければサイトを利用しなくてはいけません。

年齢認証は「身分証」か「クレジットカード」を使用しますが前回登録時と同じもので認証をしようとすると、同一人物だとバレてしまい何もしていない状態でも垢BANになってしまいます。

 
・初回に「免許証」で年齢認証をしていたとしたら「保険証」か「クレジットカード」で認証

・クレジットカードで認証していた場合は、別のクレジットカードを使うか身分証で認証

というように初回と被らないように気を付けてください。

※他人の身分証、他人のクレジットカードを使って年齢認証するのは法律に反するので止めておきましょう。

パパ活いろは

 

まとめ

どうしても再登録が難しいという方は、オークション等で年齢認証済みのアカウントを購入するという裏ワザもあります。

オークション

しかしオークションで売買されているアカウントは高額で直ぐに利用停止になるリスクもありますので、購入する際は十分に注意が必要です。

一番は垢BAN(強制退会)にならないように気をつけてパパ活することだと思いますので、禁止ワードなどを予め確認しておきましょう。

【関連記事】【垢BAN回避】出会い系の禁止ワードを調査してリスト化しました

 

↓↓パパ活オススメサイトを限定公開中↓↓

パパ活